su:iji

木を育てている会社がつくる、木のキッチンです。
日本の暮らしにしっくりと馴染み、何十年経っても長く愛されるキッチン。
やはりそれは「木のキッチン」でなければなりませんでした。
必然から生まれた木のキッチン。ウッドワンがたどり着いた答えです。

コンセプト・特徴
扉へのこだわり
お手入れ方法
イメージを見る
アイテムを見る
プランを見る

スイージーに込めた思い

どんなに疲れて帰ってきても、
家族のごはんは毎日作らなければいけない。
台所に立つ人はみんな、
あとひとふんばりの力をしぼって炊事をしている。

そんな「炊事」を
元気を吸い取られる時間から
元気を取り戻せるような時間へ。

「炊事場」を 
仕事の延長のような場所から
ずっと居たくなるような癒してくれる大切な場所へ。

木のキッチンだから、それが叶うと願って。

無垢の木のキッチン「スイージー」の特徴を分かりやすく動画でご紹介します。

私が選んだ、スイージーな暮らし。

ウッドワンでは、ニュージーパイン、ウォールナット、オーク、メープルの4種類の樹種をご用意しました。樹種の特徴を活かした4つのコーディネートをご紹介。お部屋の雰囲気に合わせて、お選び頂けます。

『New zea Pine』 てるてる坊主と午後のコタロー。

柔らかさや温かみ、和の雰囲気を感じさせるニュージーパインのキッチン。広々とした作業スペースと、邪魔されないレイアウトを両立。無垢の木のキッチンの存在感溢れる空間を演出します。時が経つほどに、味わいを増していきます。

『Walnut』 サイフォン珈琲は浪漫の香り。

重厚感のあるウォールナット。珈琲好きのための珈琲色キッチン。夫婦が同時に立てるL字型。テーブルからの移動も楽な配置に。木の力強さと美しさを活かし、落ち着ける空間を作り出します。そして、時間の経過とともにその風合いが深まっていき、ひとも場所も暮らすほどに味わいを増していきます。

『Oak』 森、川、ロフト、僕たちの秘密基地。

こだわりの「土間ライフ」に明るいオークのキッチンを。土間からキッチンへ、収納へ。家族の参加がスムーズな動線。古くから伝わる日本の暮らしや、和の趣を取り入れた空間を演出しています。洗練された印象で、気取りすぎず、天然木の風合いをそのまま活かしたオーク材の質感は、そこで過ごすひとの時間を、さらに素敵なものへと変えてくれる上質さであふれています。

『Maple』 心地よいスローな朝。

ナチュラルな素材と穏やかな色遣い、落ち着いた高級感で空間を満たすメープルのキッチン。どれだけ忙しくても、二人がそろう朝の時間は大切にしたい。そんな思いをかたちにした、お気に入りの空間。一緒に並んでもゆったり動ける、L字型。やさしい木目と明るい雰囲気で、自然の色や白を基調としたカントリーな雰囲気と相性が良く、インテリアのイメージを広げます。

キッチンの顔となる「扉」づくりへのこだわり

キッチンの印象を決定づける扉だから。美しい無垢の木を選び抜き、組み方にも塗装にもこだわって1枚1枚つくり上げています。

使いやすさと私らしさ。

キッチンをトータルでスタイリングできるキッチン設備をセレクトしました。スタイリッシュなデザインに加え、使いやすく、しかも高機能なものばかり。さまざまなバリエーションから「私らしさ」を表現できます。

理想のキッチン空間を叶える表情豊かな無垢の木の扉。

取手

毎日、手に触れるものだから取手ひとつにもこだわって。

ワークトップ

求めるイメージと使い勝手にぴったりの材質選びを。

シンク

向き合うたびに嬉しくなる。自分らしい使いやすさ。

加熱機器

使い勝手の良さも、空間に映えるデザイン性も、譲れない。

水栓

いつもの作業を振り返って…わが家に合うのは、どの水栓?

食器洗い機・食器洗い乾燥機

木の表情に寄り添いながら団らんの時間をつくってくれる。

レンジフード

機能はもちろん、デザインもインテリアの一部として選びたい。

ハッとしても、サッと拭くだけ。

無垢の木のキッチンとなれば、気になるのはお手入れ。でも、スイージーの木は風合いをそこなわない塗膜で守られているため、うっかり油や調味料をこぼしてしまっても大丈夫。乾拭きか水拭きでサッと拭くだけでシミになりません。汚れがひどい場合は、中性洗剤を含ませた布で拭き取ればOK。毎日のお手入れがらくらくです。

描きたい暮らしのスタイルに合わせて。

価格帯別のおすすめプランをご紹介します。6つのスタイルからお客様にぴったりのプランをお探し頂けます。

なごやかなスタイル

まろやかなスタイル

さっぱりしたスタイル

ほのぼのとしたスタイル

わくわくするスタイル

しっとりしたスタイル