JWOOD工法

構造用LVL JWOODと接合金物を組み合わせた強固な構造体。

JWOOD工法3つの特徴

JWOODと独自の設計手法で実現する大空間の家

地震に強い家

地震に強い家づくりの時代へ

建築基準法第1条、「建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。」1995年1月6,343人もの犠牲者を出した阪神・淡路大震災では、亡くなった方の80%以上が建物の倒壊・家具の転倒などによる圧死が原因だったことがわかっています。建築基準法はその最初の条文で最低限の基準しか定めてないことを明言しています。大地震が多発する日本で地震の被害から大切な家族とその暮らしを守るためには、建築基準法を超える高い性能を持った家づくりが求められます。

地震から学んだ家づくりの性能

建築基準法は数々の地震を経験することで、耐震基準をつくり上げてきました。 そして今では、建築基準法で定める以上の性能を求める時代へと変わってきています。 2000年に制定された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」では建築基準法の想定を上回る大地震に対する耐震基準が設けられました。阪神淡路大震災クラスの地震でも十分な安全性を確保するためには、耐震性能に関する国内最高基準である「耐震等級3」の家づくりが必要なのです。

これがJWOOD LVLと専用金物を用いた、地震に強い家、JWOOD工法

住宅は構造上、「鉛直荷重」と呼ばれる荷重を支えなければなりません。建物自体の「固定荷重(自重)」、竣工後に建物に載る家具、人などの「積載荷重」があり、その荷重に耐えられるように梁、柱、基礎の断面が安全である必要があります。また、地震発生時には大きな「水平方向の力」がかかるため、耐力壁の量を十分確保し、必要に応じて金物で補強することも必要です。
JWOOD工法では、柱や梁、基礎との接合部には専用の金物を使用します。木材と金物はドリフトピンやパイプピンと呼ばれる鋼製のピンで接合され、大地震でも破断することなく、家を倒壊から守ります。そして、もっとも重要なのが柱や梁、土台となる構造材です。無垢材や集成材などがありますが、さらに強さを追求した理想の構造材が、JWOOD LVLと呼ばれる柱です。

構造用LVL JWOODの強度が、その家の耐震性能に大きく影響を与えます。

ばらつかない品質

ニュージーランドの大地で植林され、30年で成木となったパイン材は計画的に伐採されます。一定の長さにカットされたパイン材の丸太を大根のかつら剥きの要領で切削し、ドライヤーでしっかりと乾燥させます。厚さ約4mmに切り出された単板は、弱点となる部分が切り落とされ、1枚ごとにその強さが測定されます。強さに応じてランク分けされた単板は、製造する材の性能に合わせて選定されてJWOOD LVLが作られます。
所定の強さを確保できるものだけが選ばれ作られたJWOOD LVLは、
内部までしっかりと乾燥し、積層接着することで個々の単板の性能が平均化され、バラツキの少ない安定した品質の構造材を作ることが可能となります。構造用LVL JWOODは、木材固有の弱点を克服した、理想的な木質材料と言えます。

内部までしっかりと乾燥

JWOOD LVLは単板の段階でしっかりと乾燥させるため、内部まで低い含水率を維持できる乾燥材と言えます。無垢材(乾燥材)は断面の周辺は乾燥されていますが、中心部までは乾燥が行き届かず、含水率が高くなっています。一方、JWOOD LVLは周辺部・中心部共に低い含水率を維持し、「平衡含水率」を大きく下回る含水率を内部まで均一に維持できるため、安定した強度を発揮することができます。

【大気中の平衡含水率とは】
木材は多くの水分を含んでおり、伐採・製材されると木口などから徐々に乾燥が進行し、材の反りや痩せ、割れなどが建築材料として問題になる可能性があります。
木材中の水分の量は“含水率”として表され、水分の吸収と排出のバランスが取れる含水率を『平衡含水率』と言います。平衡含水率は季節・気温・湿度などによって異なりますが、およそ15%前後と言われており、材料の内部が高い含水率の場合、建築後に平衡含水率に向かって乾燥し、反りや痩せが問題となります。JWOOD LVLは20枚以上の単板を積層接着することで、含水率の変化による寸法変化を抑えるとともに、乾燥状態から徐々に平衡含水率に近づいていくことで、材同士の噛み合わせはより強固になります。

長期的な寸法安定を実現

住宅の高気密・高断熱化が求められる現在、寸法変化の少ないLVLを用いることは木材の収縮による隙間を作らず、高性能な住宅を長期的に維持することができます。日本独特な四季という気候や湿度の変化にも左右されず、今後何十年という長い間安定した品質の家を維持するためには、構造材や土台に長期的に寸法が安定した材を使用することがとても重要になります。

バラつきの少ない安定した強度

木材は節や木目などにより1本1本異なった表情を楽しむことができる反面、材の硬さや強さは大きく異なります。特に無垢材は木味を最も味わうことができる材料であると同時に、バラツキの最も大きい材料でもあります。LVLや集成材などに代表されるエンジニアリングウッド※は、それら木材特有の弱点を克服し、材料の硬さや強さが明らかにされた材料なのです。材料性能のバラツキは構成する要素の数が増えるほどに小さくなると考えられており、20層以上の単板を積層接着するJWOOD LVLは最もバラツキの少ない木材の一つといえます。※エンジニアリングウッド:JASの認定材料に代表される工学的に性能が明らかにされた木質材料の総称。

基準強度を上回るめり込み強度

JWOOD LVLは製造段階で高圧のプレスを受けるため、無垢材や集成材などに比べてめり込みに対する高い性能を発揮します。平使い・縦使い共に建築基準法で定められためり込み強度を大きく上回ったことを確認しています。建物全体を支える土台がめり込めば建物全体が傾くことに繋がります。JWOOD LVLは長期間に渡りしっかりと建物を支えます。

JAS認定に裏付けされた安心の強さ

木材は建築基準法とJAS(日本農林規格)でその性能が定められています。JWOOD LVLはトータルで高い強度が与えられていますが、特に梁の折れにくさを表す曲げ強度やせん断強度で他の材料の10~20%ほど高い数値が与えられています。JWOOD LVLの特徴である安定した性能が高い材料強度を実現し、エンジニアリングウッド※としてのJAS認定が高強度で信頼性の高い設計を可能にします。

専用金物を用いた構造体「JWOOD工法」の家が大切な住まいをしっかり支えます。

品質、性能が安定した信頼性の高い構造材「JWOOD LVL」と専用金物との組合せが「JWOOD工法」です。
日本の伝統的な木組みのような木材への欠き込みを極力抑えた接合部は、弱点となる欠損が少なく木材同士がしっかりと緊結されるため、長い間安定した構造体を維持することが可能になります。

在来軸組工法の弱点を克服した新しい軸組工法

かつての日本の住宅は大黒柱や丸太など、比較的大きな断面の材料を多用したダイナミックな構造でした。そのため、木材同士の接合のために材を欠き込んでも十分安全性が確保できていました。しかし、大径木の確保や経済性の問題やプレカットの普及により、現在では必要最低寸法の材料を用いて建築することが多くなっています。そこで、私たちは材料への欠き込みを最小限に抑え、JWOOD LVLの特性を最大限に活かすことのでき
る金物接合を採用し、材料と接合部の両方の特徴を活かし、長い間安定した耐震性を維持できる住宅づくりを実現しています。

専用金物による高強度の接合部

住宅に使われる梁は床や屋根の重さを支えます。梁が折れないことが確認されれば、その重さは梁の端部にある金物で支えることになります。特に梁の上に柱や壁が載る場合には、2.0〜3.0t以上もの重さを端部の接合部で支えなくてはなりません。JWOOD工法の接合部は伝統的な在来軸組工法の接合部と比較して、最大耐力で約1.5倍もの強度を発揮しました。接合部が強く、硬いことで骨太な構造体を作ることができるのです。

専用金物による高強度の接合部

製材後も木材はその季節・地域ごとの平衡含水率に合わせて水分の吸排出を繰り返します。乾燥が行き届いていない木材は水分を排出することで材が痩せ、クロスの亀裂や床のキシミ、最悪の場合には接合金物の緩みを引き起こす恐れがあります。JWOOD LVLは内部まで十分に乾燥された材料なので、水分の排出による痩せや接合部の緩みを起こさず、逆に平衡含水率に向かって僅かに膨張することで金物との密着性が増し、より強固に接合されるようになるのです。

内部まで乾燥しているから接合金物は長期的にもしっかり緊結

集成材は厚さ2.5cm程度の挽板(ラミナ)を重ね合わせて作られるため、それぞれの層は無垢材と変わりません。そのため、乾燥による僅かなクラックが組み合わさって大きな亀裂に発展したり、小さなクラックから水分が入って材や接合部の耐力を低下させる恐れもあります。一方、JWOOD LVLの単板は厚さ4mmと薄く、1枚の寸法変化はごく僅かです。また単板を20枚以上重ねて作られるため、単板同士が動きを拘束し合って高い寸法精度を維持しています。JWOOD工法の接合部は経年変化による耐力の低下を許さず、長い間安定した構造性能を維持することが可能なのです。

JWOOD LVLと専用金物による最強タッグ

JWOOD工法の接合部は金物と木材を “ドリフトピン” や “パイプピン” と呼ばれる鋼製のピンで接合します。JWOOD LVLはこれらの接合具のめり込みに対して高い性能を発揮します。層数の多さがバラツキを最小に抑え、硬く、強く、安定した性能を持つ接合部を実現しています。また、硬く強い接合部は大地震だけでなく、その後に頻発する強い余震でも緩みません。JWOOD LVLと金物の組み合わせは正に最強タッグと言えるのです。

地震の揺れでもしっかりと釘を保持

木造住宅の耐震性の要である耐力壁のほとんどは、地震に対して釘が抜けないことで抵抗しています。そのため住宅の耐震性には「釘の保持力」が大きく影響しているのです。JWOOD LVLはベイヒバやベイツガの土台に対しておよそ1.4倍の釘の保持力を発揮しました。釘の保持力が高いJWOOD工法の住宅は大地震やその後の余震でも高い耐震性を維持できるのです。

わたしたちは日本で初めて、3階建住宅の振動台実験を行いました。振動台上のJWOOD工法の住宅に、阪神淡路大震災の際に神戸海洋気象台で観測された地震波を再現しましたが、構造体への損傷はほとんど見られませんでした。

実大振動実験

(独)土木研究所で行われた実大振動実験

長持ちする家

耐震性と耐久性に優れた材料が家を長持ちさせる。「腐らない」「シロアリ」にも負けない家づくりを実現する高耐久性部材JWOOD EX。

日本独特の気候風土に適し、職人の高い技術力と経験から日本人は長く木造住宅に慣れ親しんできました。特に“檜の家”を建てることは日本人にとって一つのステータスにもなっていました。檜は香りが高く、芯に赤みを帯びた部分が害虫を寄せ付けないため、家を長持ちさせる上でも好まれてきた材料といえます。近年では赤みを帯びた良質な檜材の確保が難しいこと、建築基準法で「地面から高さが1m以内にある柱や土台に防腐防蟻措置をしなければいけない」などから、ほとんどのケースは工場や建築現場で薬剤処理をすることで耐久性を確保しています。私たちは工場で薬剤を乾式注入したJWOOD EX材をつくりました。JWOOD EX仕様の住宅には75〜90年以上の耐久性が認められています。耐震性と耐久性のどちらにも優れたJWOOD工法の家が住宅の長寿命化を実現します。

防蟻・防腐性能に優れたJWOOD EX。

JWOOD LVL構造材の中でも、特に防蟻・防腐性能を重視したものがEXシリーズ。
薬剤を乾式注入し、半永久的に耐久性のある構造材として使用できます。
長期優良住宅のスペックにふさわしい高性能構造材、それが「JWOOD EX」です。

乾式注入材JWOOD EX

シロアリに強い防蟻処理

建築基準法では「構造上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じてしろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない(法第49条第2項)」と定められています。この薬剤処理には、高圧で注入する乾式注入、液に漬ける湿式注入そして現場で塗る現場塗布などの方法がありますが、従来の木造住宅では、建築時に薬剤を現場で塗布することで対応してきました。しかし、薬剤の水分が蒸発する際に薬剤の成分も少しづつ失われ、10年程度で効果がなくなってしまいます。JWOODEXは高圧で材の中心部まで注入する乾式注入方式ですから、半永久的に薬剤の効果が持続します。

75〜90年の耐用年数を誇る品質

JWOOD EXに注入されている薬剤はJASの性能区分でAQ2種(K3相当)に該当し、住宅の土台や屋内湿潤下で20年の耐久性基準を満たした(財)日本住宅・木材技術センターの認証を受けた優良木質建材(AQ認証品)です。さらに、1階の外周部分にJWOOD EX材を使用した住宅は、住宅性能表示制度の「劣化対策等級3」の基準を満たしていると認められ(社)日本建築センターの住宅型式性能認定を取得。耐久性の高い材料の組み合わせときちんとしたメンテナンスで、住宅として75〜90年の耐久性が認められた材料といえます。

これから求められるのは、持続性能の高い住まい。

シロアリに強い防蟻処理

木造住宅には地震や台風以外にシロアリの被害が大きな問題になることがあります。日本古来の「ヤマトシロアリ」や「イエシロアリ」、近年日本に入ってきた「アメリカカンザイシロアリ」が勢力を拡大しています。
建築基準法には「地上から高さ1m以内の材料には防腐・防蟻のための薬剤を塗布すること」とされており、ほとんどの木造住宅では、建築時に薬剤を現場で塗布することで対応してきました。しかし、近年のシロアリは薬剤が塗布された表面を食い破って内部の木材を食べるため、表面だけの薬剤塗布はほとんど意味がありません。「JWOOD EXは防腐防蟻薬剤が加圧注入されており、中心部までしっかりと薬剤が浸透しており、シロアリの食害に強い材料です。

実証された、高い防腐性能

シロアリの生息地域として有名な鹿児島県吹上浜で木杭の屋外試験を実施しました。「JWOOD EX」は中心部まで薬剤が浸透しているため、高い耐久性を発揮しました。私たちは「JWOOD EX」を用いた工法がすぐれた耐久性を持っていることを証明するため、(財)日本住宅・木材技術センターのAQ認証及び(社)日本建築センターの住宅型式性能認定【劣化の軽減に関すること】を取得しています。

安心安全な注入薬剤でF☆☆☆☆も取得

JWOOD EXシリーズに注入されている薬剤は安全性の高いニッサンクリーンCIです。薬剤の安全性は、ラットを対象にした急性軽口毒性試験※で食塩と同程度と確認されています。
※急性軽口毒性試験:被験物質をラットに1回のみ一定量を口から投与し、その後2週間にわたり動物の様子などを観察します。一般に用いられる指標は、50%の被験動物が死亡する用量(LD50)であり、数値が小さい方が急性毒性が強いことを表しています。

こんなところも長持ちするJWOOD LVL。

住環境にも安心の接着剤

接着剤の性能

接着剤には樹脂系の様々な種類がありますが、JWOOD LVLにはフェノール樹脂と呼ばれる接着剤が使われています。自然環境や衝撃に対する性能が高く、最も厳しい使用条件である「使用環境A」での使用が認められた接着剤のひとつと言えます。
これにより、地震や台風、高温の夏や厳寒の冬でも1年を通して日本全国で優れた性能を発揮します。

接着剤の耐久性

フェノール樹脂接着剤は100年以上昔のヨーロッパで集成材用の接着剤として生まれました。当時の集成材建物のうち、現存する建物では接着層の問題は見られません。理論的には300年以上の耐久性を持った接着剤だと言われているので、これから長い間大切な住まいをしっかりと守るためには充分なスペックです。

接着剤の安全性

フェノール樹脂接着剤は熱を加えることで強度を発現するため、JWOOD LVLは高温のホットプレスで長時間圧締を行います。この時、接着剤中に残った未反応のホルムアルデヒドのほとんどは接着剤から追い出されるため、完成したJWOOD LVLの接着層からホルムアルデヒドはほとんど放散されません。そのためフェノール樹脂接着剤のホルムアルデヒドの放散量は、ユリア樹脂接着剤やメラミン・ユリア接着剤と比べると、ゼロに近いレベルまで低くなっています。

トレーサビリティ(履歴情報の追跡)

私たちは植林、伐採、製材、加工、出荷までJWOOD LVLに関わる全ての工程を一貫して行っています。それら植林から出荷に至る一連の情報(履歴)は、1本1本の材に印字された14桁の数字によって記録・保管されます。JWOOD LVLは全ての材料について、いつどこで作られ、加工された材料なのか説明することができます。材料のトレーサビリティが厳しい品質管理を可能にし、安心・安全な材料のご提供を実現しています。

省エネに最適な家

省エネ性能にも大きな差が出る構造材JWOOD LVLは、これからの住まいの性能確保に最適。

住宅の基本性能を確保するうえで、「高耐久・高気密・高断熱・計画換気」の4つの要素はとても大切です。またそれらの4つの要素がバランスよく保たれて初めて住宅の性能が発揮されます。したがって、この4つの要素がひとつでも欠けたら、その住宅は理想的な住宅とは言えません。なぜなら断熱材をたくさん使用しても、気密性能が悪ければ内部結露を起こし、構造体の腐朽の原因になります。逆に気密性能が良くても、断熱が不十分だと外気の影響を受けて、構造体を腐らせる原因となる結露を発生させてしまいます。断熱・気密性能が良くても、計画換気が不十分だと室内の空気環境が悪くなり、不快な住宅になります。これからの住宅は、省エネ性能を充分に発揮できる器づくりが大切です。

長持ち住宅に大切な断熱性能確保と結露対策のために、すき間のない家づくり。

どんな家にも、壁と床の継ぎ目、窓まわりなど、至るところにすき間は存在します。
そのすき間を通り道に、熱や湿気が出入りし室内の空気環境は安定しません。
健康で快適な暮らしを実現するためには、このすき間を防ぐことが第一歩となります。

高気密がもたらす快適で健康な室内環境への4つの効果

1:熱の損失が少なくなる

建物の気密性が悪いと、すき間から空気が出入りして暖気の流出や冷気の流入が増加してしまいます。すき間からの熱損失は一体どのくらいあるのかということを、隙間相当面積によって冷暖房負荷がどのくらい変わるかを示したのが下のグラフです。すき間からの熱損失が少なくなると、室内の上下温度差や家の中での温度差も少なくなり、快適性が得られます。

2:断熱材の断熱効果を補完する

断熱材は静止した空気の断熱力を利用して断熱効果を上げています。したがって、壁体内部に外気が侵入する構造では、いくら厚くても効果を発揮しません。断熱材は気密性が伴って初めて充分な断熱効果が得られます。

3:壁内結露を防止する

建物の気密性が悪いと、すき間から空気とともに湿気も出入りします。冬期にはこの際に外壁内などで結露を生じ、これが断熱材や木材を腐らせてしまいます。これを防ぐためには、防湿層の適切な施工と、気密性を高める必要があります。

4:計画的な換気ができる

建物の気密性が悪いと、すき間から空気とともに湿気も出入りする自然換気が発生し、内外温度差や風の強さの影響を受けやすくなり、換気量が一定になりません。逆に温度差が小さい時は換気量が少なくなります。必要換気量の確保、換気経路の明確化など換気を計画的に行うためには気密性能を向上させる必要があります。

気密性能を保つ構造材、それがJWOOD LVL

このように、気密性能を高め、維持することが快適な住環境の基本であることが分かります。そのためには、気密の敵である「すき間」をなくすことで、長い時間が経っても狂いが生じず、すき間のできにくい構造材を使用することが求められます。JWOOD LVL は、高気密住宅にふさわしい住まいの構造材として理想的な材なのです。

精度と寸法安定性に優れた構造が省エネ性能に優れた家を実現。

新築時は性能に優れていても、時間が経つにつれて性能が劣化する、経年変化こそが住宅の敵です。
この経年変化を防ぐキーワードが、「断熱性」「気密性」「計画換気」です。JWOOD工法はこれらの基本性能を確保するために最適な工法です。また、できあがった住宅は冷暖房効率に優れたエコノミーな暮らしも支えてくれます。

すき間ができにくい、JWOOD工法

JWOOD LVLは狂いが少ないからすき間ができにくい

従来の木材は時間の経過や湿気によってどうしても狂いが生じてしまいましたが、JWOOD LVLは完全乾燥材、単板積層材という特長から、経年変化が少なく、優れた断熱材と組み合わせて使うことにより、気密性能も長い間維持されます。

冷暖房効率を高め、家中どこでも同じ温度

断熱性能に優れ、すき間が生じないと、当然のことながら室内が外気温の影響を受けにくくなります。冷暖房効率もよいので、1年を通じて電気の消費量も安定してきます。夏のエアコン、冬の暖房も無駄に使用することがないので、結果的に経済的にもエコノミーな暮らしを可能にしてくれます。

カビ・ダニの発生を抑え、アレルギーを防ぐ

計画的な換気がきちんとできて、新鮮な空気を導入し、湿度を抑えることにより、カビやダニの発生も抑えることになります。家の中の湿度の高いところは、アレルギー物質の温床となり、アトピーなどの様々なアレルギーに悩まされることが問題となってきました。高気密の家で、快適な空気環境を維持すれば、このような悩みからも解放されます。そのためには、計画換気が不可欠となり、すき間のできにくい寸法安定性に優れた構造材を使用することこそ、家づくりの基本と言えます。

JWOOD LVLは「健康な家づくり」にも配慮

F☆☆☆☆の安全性

住宅の気密性能が高まると、壁体内の空気は滞留し汚染されやすい状況となります。壁体内の汚染された空気は、コンセント等の隙間から室内に流入していきます。そこで、完成した家では目に見えない構造材も、シックハウスの原因物質となるホルムアルデヒドの放散量が最も少ない最高レベルのF☆☆☆☆材を使用することが、『健康な家づくり』のためには大変重要なのです。JWOOD LVLはF☆☆☆☆を全ての材で取得しています。

JWOODと独自の設計手法で実現する大空間の家