1. HOME
  2. アナザーストーリー
  3. 第10回 いまや知る人も少なくなった扉・・・・・・蔀戸(しとみど)

アナザーストーリー

カテゴリ : 木で出来たプロダクト | タグ : 製品 , 道具

第10回 いまや知る人も少なくなった扉・・・・・・蔀戸(しとみど)
現代の住まいでは主に、使い勝手や見映えを考慮しながら(引き戸)(開き戸)(折れ戸)などを使い分けています。
しかし平安の時代、貴族が住んでいた寝殿造りの絵図を見ると、戸外からの雨や風を遮断するとともにプライバシーを確保する扉としてもっぱら「蔀戸」が使われていました。
これは柱と柱の間に建て付け、昼間に採光を得たいときには上に跳ね上げながら金具で止める木造格子に板を貼った扉です。

経年とともに敷居の溝に沿って扉が移動する引き戸が主流となりましたが、江戸時代の商家になっても蔀戸が使われる場合がありました。
これは道行く通りから、販売する商品や職人が細工をしている模様が見えるよう、店の間口をできるだけ大きく開くための工夫です。
蔀戸には小さな扉が作りつけられていて、下に降ろした後の夜間や閉店時にはそこから出入りができる造作がされています。
これなどは現代のシャッターと同じ考え方と使い勝手なのかもしれませんね。