1. 1.ポイント制度とは
  2. 2.発行対象について
  3. 3.スケジュール
  4. 4.ポイント交換

1.「グリーン住宅ポイント制度」とは?

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、高い省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、商品や追加工事と交換できるポイントが発行される制度です。

2.「グリーン住宅ポイント」発行対象について

2021年10月31日までの契約案件が対象

2020年12月15日(閣議決定日)から2021年10月31日までに契約を締結した一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家・賃貸)、一定のリフォームや既存住宅の購入が対象となります。

● 住宅の新築(持家)

対象住宅 発行ポイント
基本の場合 特例の場合*
(1)高い省エネ性能等を有する住宅
(認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅、ZEH)
40万Pt/戸 100万Pt/戸
(2)省エネ基準に適合する住宅
(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅)
30万Pt/戸 60万Pt/戸
*特例の場合(以下のいずれかに該当)
・東京圏から移住するための住宅
・三世代同居仕様である住宅
・多子世帯が取得する住宅
・災害リスクが高い区域から移住するための住宅

● 住宅の新築(賃貸)

対象住宅 発行ポイント
高い省エネ性能を有する
(賃貸住宅のトップランナー基準に適合)
全ての住戸の床面積が40m²以上の賃貸住宅
10万Pt/戸

● 既存住宅の購入(持家)

対象住宅 発行ポイント
(1)空き家バンク登録住宅 30万Pt/戸
(住宅の除却を伴う場合は45万Pt/戸)
(2)東京圏から移住するための住宅
(3)災害リスクが高い区域から移住するための住宅
(4)住宅の除却に伴い購入する既存住宅 15万Pt/戸

● 住宅のリフォーム(持家・賃貸)

対象住宅 発行ポイント
(1)省エネ改修 →窓・ドアの断熱改修
→外壁・屋根・天井又は床の断熱改修
→エコ住宅設備の設置
(いずれか必須)
最大30万Pt/戸※※若者・子育て世帯によるリフォームや一定の既存住宅の
購入に伴うリフォームの場合は上限を引き上げ
(最大60万Pt/戸)
(2)耐震改修、バリアフリー改修等(任意)
※既存住宅を購入しリフォームを行う場合、各リフォームのポイントを2倍カウント
※上記算定特例を除いた発行ポイント数が5万Pt未満のものはポイントの発行対象外

● ウッドワンのポイント発行対象商品(リフォーム)

3.スケジュール

4.ポイント交換

取得ポイントにより、「新たな日常」「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」「地域振興」に資する商品交換や、「新たな日常」「防災」に対応した追加工事の費用に充当することができます。

ウッドワンの交換対象商品

ウッドワンの交換対象追加工事