WOODONE

受賞無し

静岡県

clasico + mononoma

敷地に面するあぜ道と周囲に広がる田園風景のあたたかな雰囲気を屋内に少しでも取り込みたいと思い、大きな土間のある家を設けました。 土間空間は、敷地を挟む2つの道をつなぐ役割を果たすとともに、アウトドアを愛するご家族にとって多義的に使えるスペースとしても働きます。 塀を敷地際から控えて設け、隣接するあぜ道の植生や石塀を敷地内に取り込み、敷地の境界をぼやかすことで、広がる田園風景を敷地に見立てました。 庭づくりは施主参加のワークショップ形式で行うことで、愛着を深めていただけたと思っています。 高気密高断熱仕様の住宅のため、ひとつながりの空間として設計しました。プライバシーを守りつつ緩やかにつなぐ表現のひとつとして、屋内建具の存在をなるべく感じさせないディテールを意識しました。土との距離が近く、素足で内外を出入りすることも多くなることを想定し、足ざわりのよい浮造りの無垢フローリングを採用しました。