WOODONE

受賞無し

京都府

STUDIO RAKKORA ARCHITECTS

この建物は京都市京北の山あいに建つ住宅である。敷地は周山街道に面した細長い形状で、明るく伸びやかな住空間をつくり出すため、奥行き二間半の南北に長い切妻屋根の建物とした。 細長い内部空間に生活の変化を持たせるために、屋根に対する部屋の配置をずらすことによって、断面形状の異なる多様な空間を生み出した。また、中央に配置した家族団らんのスペースには、水まわりスペースの上部をロフトとして広がりを生み出し、一つの屋根の下にありながら、外部とも連続する開放的な空間をつくりだした。またキッチンはロフトの下に配置することで天井高を抑え、オープンでありながら落ち着きのある空間としている。 外壁は周囲の山々に林立する北山杉と呼応するように杉板貼りとし、この地域で林業を営む若いクライアントの思いや自然の循環に配慮した。周山街道を往来する人たちにとっても愛着を持つことができ、地域に馴染む建物となることを願っている。

その他の作品