WOODONE

受賞無し

京都府

STUDIO RAKKORA ARCHITECTS

この建物は京都近郊に位置する農家住宅である。要求された諸条件から、複数の片流れ屋根で建物を分割する構成とし、集落全体と調和するように心掛けた。 建物の内部は大きく南北のボリュームによって構成されている。 北側のボリュームは、向いの農機具小屋に調和するようにボリュームを抑え、勝手口から倉庫・パントリー・キッキン・洗面室・浴室と全てが連続するように計画し、農作物の搬入や農作業後の動線に配慮した。 南側のボリュームは、外部側に和室・サンルーム・玄関を配置し、既存の庭を生かしたアプローチや、緑と連続する明るい住空間をつくりだした。また内部側は、家族団らんの場所とし、細長い水平の窓によって、周辺の山並や田畑を切り取り、ハイサイドライトの水平性と天井に伸びる薪ストーブの垂直性によって、室内に大きな広がりを生み出すことで、周辺の豊かな田園風景のスケール感と違和感なく連続する、快適な住まいとなっている。

その他の作品