WOODONE

受賞無し

茨城県

NIDO一級建築士事務所

両親が建てた築30年の家を引き継ぎ、自分たちのライフスタイルにあった住まいを求めてリノベーションを行いました。 どこにいても家族の気配を感じられる究極のワンルームを目指し天井を解体しオープンな空間としました。 耐震性を高める為、小屋組を構造用合板で補強。仕上げに古材を用いてクライアントと一緒にDIYで施工しています。 キッチンはライフスタイルに合わせ自由な使い方を可能とするウッドワンのフレームキッチン(2型)を採用。 シンク側にカウンターを造作。脚をアイアンで製作し、天板にオーク材を使いキッチンと一体となるようにしました。 
部屋と部屋を床の高さや、天井の高さを変えながら繋げることで、一体的な空間でありながら、それぞれのスペースの個性を作ります。クライアントのライフスタイルを包み込む変化に富んだ空間が生まれました。