WOODONE

受賞無し

京都府

garDEN株式会社

この住宅は、「居心地の良い空間」をコンセプトとして計画した。 居心地の良さを実現するために気密性、断熱性、耐震性を上げることはもちろん、自然環境を取り込むパッシブデザイン、空間の使いやすさ、デザイン性、素材にも重点を置いた。 京都特有の狭小住宅密集地は、住み心地を考えるにおいて不利になりがちだが、太陽との位置関係や無駄のない動線計画、目線の抜けを意識することで2間間口とは思えない明るさ、心理的広さを実現した。 難易度の高い狭小地での付加断熱工事も設計施工の工務店の技術力を活かした。 デザインは自然素材を使い、シンプルかつ人に寄り添う温かさの効果を期待している。 特に木は重要視しており、目に触れる部分にはこだわりの材を使い、洗練された空間を作り出した。 例えば巾木は、ウッドワンの隅柱(和風部材)を応用して使っている。 全ての部屋の無垢床材と珪藻土塗り壁の取り合いが15mm角の無垢材により納め