WOODONE

受賞無し

富山県

正栄産業株式会社

敷地は南北に細く延びる形状で、北側に道路を挟んで松川が流れ、対岸に高志の国文学館と庭園を臨む立地。春は松川沿いに桜が咲く。この景観を活かす要望を前提に計画した。 3層構成とし視線を気にせず眺望を臨めるよう2・3階で主要室や外部空間を設け、視界が景色に抜ける暮らしを日常的に楽しめるようにした。北側が景観側となるため、LDKの日射取得のために中庭を設け、これにより奥の居室や階段ホールの明るさ確保と閉塞感の解消も図っている。構造としては奥の2層部分と3層部分を別構造とすることで成り立たせゆったりした中庭を確保している。 外観は無機素材と木の組み合わせという要望から、準防火地域ながら木を積極的に用い、優しく自然な雰囲気を与えた。フレーム状の壁面がファサードを形作ると同時に防火壁となることで、眺望側を木製の大開口とし、内外に見られる木部の素材感を連続させつつ、内部からの景観を阻害しないよう配慮した。