WOODONE

受賞無し

広島県

株式会社建築工社

「和と洋が融合した上質な木の家」 木と格子が好きな共働きで子育て世代のお施主様の為、コンパクトな空間の中に実面積以上の解放感や暮らしやすい機能性、無垢の木を活かし質感を高めたデザインを実現した。家事動線を短く空間の無駄を省き「欲しい所に収納がある」間取りを計画。機能性のある納戸、奥様待望の全家族の布団が干せるバルコニーもある。 LDKは好みが異なる和と洋のデザインを融合するため全体にシンプルを基調にし、畳小上がりの和と無垢の木のキッチンの洋を左右対称にアクセントとして加え、キッチンをあえてミディアムブラウンにし空間にメリハリをつけた。また明るく開放感を演出するため窓を桧の柱でつなぎ1つの大開口に見立て、ロールスクリーンなどが遮らなく納まる事で外の軒下格子と大開口を通して内がつながる広がりのある空間に。 使う事で味わいが増し愛着を持って長く使える自然素材を多用する事は、環境負荷の低減にもなる