WOODONE

受賞無し

栃木県

株式会社岡本和樹建築設計事務所

https://www.okamoto-aa.com/

「上蒲生の家」

分譲地内の限られた敷地でどれだけ太陽の光を取り入れながらも、通りからの視線が気にならないよう暮らすかを考えた家。大きな開口部を吹抜を設け、南向きに2層分計画し、すべての室空間を吹抜を中心に配した。吹抜に添った開口部からはここちよい陽が差し込み、無垢のフローリングを包む。陽の当たる先はうづくりのピノアース。吹抜には螺旋階段。くるくると廻って上り下りする螺旋階段は、お施主様の希望で段板の一枚一枚を丸くし、上から見ると花びらのような形に。たのしい形の階段は毎日の上り下りもわくわくするものに。きもちいい・たのしいは工夫ひとつで家につくれる。