WOODONE

受賞無し

栃木県

株式会社岡本和樹建築設計事務所

30代・共働き夫婦のための住宅。 敷地は閑静な住宅街で、南側は隣家との距離を確保した上で開放的な大開口を設け、私道に面した西側は木格子の外観とした。 室内は柔らかい質感を気に入ってご夫婦が選んだ杉の床。これに合せて玄関ドアや建具枠にも杉を採用したほか、無垢のキッチンや木製の収納・建具、木格子など、たくさんの木のぬくもりを感じられる家となった。 開放的な吹抜けのリビングを中心として、2階には将来こども室となる居室を配置した。廊下との仕切りを半透明の引き戸にすることで、吹抜けを通して南側の明るい光を取り込むとともに、室内外から家族の気配を感じることができる。 また、服が好きだという夫婦のため、玄関から通り抜けできる土間収納を設けたほか、家族共用の広々としたウォークインクローゼットと物干室を洗面室と隣接して配置することで、洗濯から収納まで効率よくできる家事動線を計画した。