WOODONE

2020 ウッドワン賞

栃木県

株式会社岡本和樹建築設計事務所

郊外の土地区画整理地における、初期の住宅計画。「日々の暮らしそのものを楽しみたい」という30代夫婦のために、居住空間をゆったりと確保しつつも、スキップフロアや室内窓を活用することでワンルームのように家族の暮らしがつながる計画とした。2人揃って料理をするというオーナー夫婦のために、庭へと開放的につながる1階にダイニングを配置し、上へあがるにつれ家族がそれぞれ落ち着いて過ごすためのスペースとなる。1.5階の寝室は室内窓によってリビングとつながり、1階のダイニングキッチン、1.5階のリビング、2階のワークスペースがスキップフロアによってつながる。階層によって空間を分けながらも、家族の暮らしを互いに感じながら過ごすことのできる、縦にも横にもつながる豊かな住空間を実現した。