WOODONE

受賞無し

愛知県

株式会社中島工務店

「終の棲家として暮らしやすく、子どもや孫が遊びにきたときに気持ちよく過ごせる家」それがお施主様の希望でした。終の棲家に求められるのは、積み重ねてきた暮らしの延長線上にありながら、これまで以上に住みやすく心地よい家であること。新築を機に生活を一新したいと考える子育て世代の家づくりとは全く異なるアプローチが必要で、お施主様のこれまでとこれからの暮らしに寄せる想いを丁寧に読み解くことから設計がスタートしました。 年齢を重ねた将来のために生活空間は1階にまとめ、普段は使わない2階はワンルームに。1階と2階は大きな丸太梁が印象的な吹き抜けでつなぎました。キッチンは敢えて壁向きにして、振り返るとダイニングテーブルという住まい手様にとって使いやすい位置関係を大事にしました。1階にも2階にも家の内と外をゆるやかにつなぐデッキを設置。どちらも目隠しがあるから外なのにプライベートな居心地を楽しめます。