WOODONE

受賞無し

福岡県

株式会社ディック

築41年・マンションの一室をシンプルで楽しいナチュラルスタイルにリノベーション。和室中心だった空き家を現代のライフスタイルに合わせて間取りを変更した。約15帖のLDKは木材とガラスを多く用いた。キッチンから直線上に繋がる壁面収納を設け、「無垢の木の収納」のカナモノを採用した。青い布地風の壁紙にカナモノ(白)を使い、柔らかいクラフト感を表現した。LDKと洋室の間仕切は、半透明の引違い戸にした。扉を完全に閉じるとプライバシーを確保しながら、必要な光を通せる。また、洋室の灯りがキッチンへこぼれるように梁下に凹凸のあるアンティークガラスをはめ込んだ。洋室2室間には、ウォークスルークローゼットを設置した。今回、斑模様が特徴的な「空気を洗う」床材をふんだんに使用し、健康と環境への配慮と木材ならではのぬくもりが感じられる住宅にした。さらに、各部屋で壁紙を変えるなど、各部屋異なる雰囲気になるよう工夫した。