WOODONE

受賞無し

佐賀県

松本設計

敷地は新規分譲地の南向き、突き当りであり、南側は隣地から距離が取れ、明るさが確保できる反面、道路からのプライバシーをどう確保するかを考慮した。東西両側は駐車スペースの関係から境界ギリギリまで家が建つことが想定されたので、開口部は極力小さくした。室内はリビング・キッチン・ダイニング・和室それぞれが個々の機能を果たしながら、一室空間で繋がる田の字型プランとした。将来にわたって明るさが担保された道路突き当りにリビングを配し、ウッドデッキと大きな木製窓を介して繋がる。フロアや天井板の方向性から視線を外部側へ誘導するように仕向け、実際の広さ以上の視覚的な広さを感じることが出来る。各室間は天井までの建具により、垂れ壁を無くすことで部屋と部屋の境界を曖昧にし、水平方向の繋がり、視線の抜けを意識している。室内インテリアの中でキッチンが浮いてしまわないように、ひとつの家具の様な設えとした。

その他の作品