WOODONE

受賞無し

滋賀県

力石建築事務所

築32年RC+S造の住宅の改修。クライアントの要望は断熱と水廻りの改修と家族4人が安心して生活できる住まいであった。建物から隣地までの距離が狭く、外部廻りの排水管をやりかえるとコストが高くつくため、水周りの位置は同じ場所とし、使い勝手と空間のバランスを考慮してプランを練っていった。壁式RC造のため外部の開口部の変更は難しく、内障子を入れて開口部と開口部をつなぐように飾り棚を入れ、空間に水平方向の広がりを持たせるとともに、断熱性能の確保を考慮した。構造上撤去できない壁や柱が多かったが、内部は天井までの高さの引戸とし建具も白く塗装しできるだけ余計な線がでないように考えた。キッチンはシンプルでありながらも無垢の木の温かさがあるものを選び、床は杉無垢材に柿渋塗、壁は調湿建材とし調湿性能をもたせつつ左官壁のようなやわらかな表情になり、静かな光で満たされた温かな空間がつくれたように思う。