WOODONE

受賞無し

東京都

今泉隆史デザイン事務所

「五本木の家」 駅からほど近い築30年の単身者向け木造アパート。1,2階合わせて6戸の1階部分3戸を家族3人が暮らすための改修である。約16坪の限られた空間の中で「妻の仕事場」「仕事で使う本や資料、布地や糸などを収める収納」が必要なことから、コンパクトで心地良い職住一体の空間作りがテーマとなった。既存の水回り位置や開口部を生かしながらキッチン、トイレなどの機能を北面に、建物の一番奥に当たる東側に寝室と将来の子供部屋を配し、仕事場と皆が集まる場を一つにすることで、大らかで無駄のない空間構成となった。心落ち着かせる光と風と庭の緑、温かな木の質感、空間に溶け込むキッチン。設計当初から思い描いていた新しいけれどどこか懐かしく、遠い過去の記憶を呼び起こすような素朴で穏やかな空間に生まれ変わった。