WOODONE

受賞無し

奈良県

イムラ

敷地は市街地の近くにある閑静な住宅地に位置する。 奈良の街並みが一望できる高台に面し、どのように景色を切り取るか、美しい光と風をどう取り入れるかが主たるテーマとなった。 まず、周囲からの視線が集まる西側には、壁と木々を配して生活を守りつつ、南側は眺望に対して開くように建物を計画した。外観はガルバリウム鋼板を鎧張りにし、バランスを整えるためにエントランス上部の2階部分を張り出すことで均整の取れたファサードに仕立てた。 1階には夫婦の寝室と水廻り、2階にはLDK・家事室と寝室をレイアウトし各階の南北方向に窓を配することで風の通り道を確保した。 リビング東面に配されたハイサイドライトからは光が差し込み、珪藻土で仕上げた壁の質感を際立たせ、陽の光によって生まれる陰影が刻々と変化していく幻想的な世界を目指した。 移ろう光の中でゆったりと過ごすひと時が心を溶きほぐしてくれる空間を作りたいと考えた。