WOODONE

受賞無し

奈良県

やまぐち建築設計室

仮称にあるように、郊外の贅沢な暮らしを新しく住む 若夫婦の為に骨組みまでに解体して 間取りを一部残しつつ新しい暮らしに融合する リノベーションを施した住まい。 地元の名士邸宅という事も有り、海外からの来客も多く、 また「らしさ」をどのように表現するべきか? がテーマとなり、歴史を感じるという意味では 「はいからさん」の時代のエリアと現代の和モダンを融合させる空間に という表現方法に共通認識を設定した。 その中に「陰影」もテーマとなり新しくつくった玄関-Aのフォーカルポイントに デザインウォールを採用した。