WOODONE

2020 優秀賞

大阪府

いたや木材有限会社

まちの おしゃべり とおりにわ  ここは大阪、下町の材木屋。創業72年のここでは、先代の頃からご近所の方がふらりと立ち寄りお茶をしていく姿が常にありました。時を超え、その材木屋の倉庫が、キッチンを中心とした、まちの3世代の人々をつなぐ居場所にリニューアルしました。 ご近所さんに味噌の作り方を習ったり、子供がお年寄りにゲームを教えたり。子供の宿題をお年寄りが見守ったり。繕い物を一緒にしたり。 肩ひじ張らず、教え教えられ。気持ちが、まじりあっていく。関係が、混じりあっていく。  室内は、材木屋の倉庫のコンクリートブロック壁をそのままに。大工さんが記した当時の落書きもそのままに。鉄骨梁の上、1階の天井となっている松や杉、様々な樹種の角材を敷き並べたままの姿もそのままに。 そんな材木屋の記憶を残した、この小さな小さな場所が、まちの居場所として愛されますように。  むかしも、これからも