1. HOME
  2. ウッドワンを知る
  3. ドラマ美術協力
  4. 櫻子さんの足下には死体が埋まっている

ドラマ美術協力

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

概要

観月さん演じる九条櫻子(くじょう・さくらこ)は、美人で名家の令嬢でありながら、“三度の飯より骨が好き”という常人には理解しがたい嗜好を持つ「標本士」(※1)。フジテレビ系日曜ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(主演:観月ありさ)は、そんな櫻子が、法医学・自然人類学の豊富な知識、類いまれなる観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力で、周囲の誰しもが疑うことすらしない細部にまで着目し、難事件を次々に解決に導いていく作品です。
「スイージー」は、観月さん演じる九条櫻子の自宅に設置されており、無垢の木のぬくもりを感じる落ち着いた雰囲気の癒される空間を演出しています。
(※1)標本士・・・通常は博物館に勤め、自然素材(動物や岩石など)を標本化する人。標本の種類としては骨格、はく製、昆虫、植物、地質などがある。櫻子は骨格標本専門である。


<ドラマ概要>
  番組名 :日曜ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』
  放送日 :平成29年4月23日(日)より、毎週日曜日21:00から放送中
  内 容 :原作は、2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」で掲載された同名Web小説で、
       観月ありささん「26年連続30回目」の連ドラ主演となるメモリアル作品です。
  番組HP:http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/

協力商品

back to top